本文へスキップ

お金が貯まるかどうかは財布で決まる?

お金が貯まる財布について調べてみた

お金が貯まる人とたまらない人との違いは「財布の違い」だった?


世の中に、「お金が貯まる人」と「お金が貯まらない人」がいるのは事実です。
お金が貯まる人とお金が貯まらない人との何が違うのか、やはり知りたくなりますね。

ところでこの、お金が貯まる人とたまらない人との違いが、実は「財布の違い」であるという話があるのです。
財布を変えれば、お金が貯まるようになるということだと言うんですね。

それではお金が貯まる財布とは、どのようなものなのでしょうか。

このサイトでは、それをまとめてみましたので参考にしてください。
またビジネスビジネスマンにおすすめのメンズ財布をお探しの方も、必見ですので、ぜひ参考にしてください。

お金が貯まらない財布とは?


お金が貯まる財布の反対は、当たり前の話ですが、お金が貯まらない財布です。
そこでまず、お金が貯まらない財布を考えてみたいと思います。

その前に、まず自分の財布を見ないで、次の質問に答えてみてください。

「あなたの財布には、今いくらお金が入っていますか?」

これを誤差3千円以内で答えられれば、あなたの財布はお金が貯まる可能性が高いです。

また次の質問はいかがでしょう?

「財布にはクレジットカードが何枚入っていますか?」

これにきちんと答えられなければ、お金の使い方がかなりルーズになっている可能性があります。

「お金が貯まらない」とは、ひとことで言ってしまえば、
「お金の管理ができていない」
ということなんですね。

そしてお金の管理がどの程度できているかは、まさにそのお金を入れるための、「財布」に現れるということなんです。

それではお金が貯まらない財布の共通点を見ていきたいと思います。


小銭がたくさん入っている

小銭がたくさん入っている財布は、お金がたまりません。

「小銭は買い物をすればどうしてももらってしまうものだから、仕方ない」
と思う人もいるかもしれません。
でもそうではないんですね。

小銭が財布にたくさん入っているということは、
「今小銭をいくら持っているか」
を把握していないということです。
小銭がいくらあるか分からないから、本当は小銭だけで払えても、お札を出してしまう。
それで小銭が増えてしまうということなんですね。

「お金をいくら持っているか」を把握していない人の財布には、お金は貯まらないんですね。


お札とレシートが同じ場所にいっしょに入っている

お札とレシートが同じ場所にいっしょに入っていることも、「お金が管理されていない」ことの典型です。
お札とレシートが一緒に入っているということは、「いくら持っているか把握していない」ということです。
またレシートが入っている分、お札を余計に持っていると勘違いし、お金を使いすぎてしまいやすくなってしまいます。


クレジットカードが多すぎる

クレジットカードが多すぎることも、「無計画」を意味します。

もちろんそれぞれのクレジットカードをもつ目的がはっきりしていれば、それでもかまいません。
でも進められるままにクレジットカードを作ると、結局は年会費が無駄になります。

さらにクレジットカードがたくさんあると、マイルやポイントも分散してしまって溜まりません。
結局は賦形剤になるんですね。


会員証やポイントカードがたくさん入っている

会員証やポイントカードがたくさん入っていると、使う時にすぐ見つからないことになるので、時間のロスになりますね。
また買う店が定着していないということも意味しますので、これは無計画に買い物しているということを意味します。

またポイントカードも、店が分散してしまえば、結局はたまらないことになります。
自分の消費行動そのものを、一回見直す必要があると思います。

バナースペース